南長野クリニックは、人工透析、アレルギー、リウマチの専門医

■内科(腎臓、膠原病)と透析の専門クリニック■


南長野クリニックは、平成11年9月13日に開設した
内科(腎臓・膠原病)と透析(オンラインHDF、腎移植の二本柱)を主体にしたクリニックです。

診療の理念は、「自分で受けたい治療の提供」。
至ってシンプルです。
また、「常識的であり、お互い様という気持ちがある方」に受診いただくことを、
お願いしています。

透析では、オンラインHDF(透析+濾過)という平成24年4月から保険適応になった先進的な透析を、1999年(平成11年)9月の開院以来、無料提供してきました。
透析していることを感じない体調の提供と、長寿を実現しています。
社会復帰し労働することが可能の為、夜間透析(仕事をしている)のベットは満床です。
その秘密は、当ホームページの『透析』の項目内の『当院のHDF』に書いてありますが、
血圧の管理や副甲状腺の治療を含め、当院の『ぶれない治療』を見てください。
また、腎臓移植が多いのも特徴です
長野赤十字病院で、移植治療を担当していた経験から、
腎移植>オンラインHDF>>腹膜透析(最初の数年のみ)>通常の血液透析との確信の元
開院以来、献腎・生体腎移植を合わせ、12名の移植を行いました(平成28年8月末日現在)
(生体間8例、献腎4例:膵腎同時を含む)
(移植医療機関は、長野赤十字病院腎臓内科、東京女子医大泌尿器科、佐久総合病院腎臓内科、藤田保健衛生大学移植外科)。
移植を推進している全国屈指の医療機関です(なんちゃって!自負はしています)。

内科領域では、腎炎、腎不全に加え、膠原病・リウマチや甲状腺、更年期などの
ホルモン・内分泌の病気や一般内科(高血圧、糖尿病など)を診察しています。
たとえば、糖尿治療薬のDPP4などの優れた新薬が発売されれば、すぐに使用するなど
最新の医学導入に努めています。最近は、分子生物薬、生物学的製剤をはじめ、
抗がん剤ではない『樹状細胞ワクチン』によるがん治療(先端医療;自費)や
陽子線(相沢病院)、重粒子(炭素)(放医研、群馬大学)、日赤医療センターのサイバーナイフ(これは保険診療で可能)によるがん治療など相談や紹介に力を入れています。
(千葉ポートメディカルクリニック今村貴樹先生の『がんをあきらめない診察室』なども
非常に参考になります)

検査機器(デジタルレントゲン、高性能超音波、心電図、脈圧波、呼吸機能、神経伝達速度、血液ガス、血算、CRP、生化学など)多種類用意していますが、内視鏡とCT・MRIなどの大型機器はありませんので、提携病院へ紹介しています。
CT、MRIなどは高性能のものほど情報が多く、たとえばMDCT(冠動脈CT)などは
相沢病院の320列や篠ノ井厚生連の128列のCTで撮影を依頼することが多く、
MRIでは1.5テスラの最高クラスの機器をもつ病院などへの依頼が多くなります。
またPET−CTなどは、長野にもJAのPETセンターはありますが、相沢病院にお願いすることが多くなります。最も大事なことは、異常を見逃さない読影力(放射線科医師の能力)であり、信頼できる先生方のいる病院へ依頼しています。



■診察時間■


午前 9時〜11時 9時〜11時 手術日 9時〜11時 9時〜11時 9時〜11時
(第2・4のみ)
午後 15時〜17時 手術日 15時〜17時

■感染症対策■


透析施設の為、オゾン型空気清浄器5台の導入などで、ウイルス対策をしています。また血液や手を介した感染対策として、医療材料はディスポ製品にしています。



■電子カルテ化と画像検査および血液検査のデジタル保存■


カルテの電子化をはじめ、院内すべての検査機器(レントゲン、超音波、血液検査など)は、コンピュータ化されています。 すべての結果が、永久的に保存され、過去、現在、未来にわたる治療の経過を見ることが可能になりました。
1.Dynamics(電子カルテ)
 医師が開発した、低コストでの導入が可能な使いがっての良いソフトです。
 これが、優れものです。
  いままで、IBM(日版)のレセコンを二回入れ替え(MS−DOS⇒Windows95)
 次いで、日医標準レセコンORCAと3台入れ替えました。開院当時は電子カルテを、
 BML(検査会社)などが発売開始した創生期でしたので、レセコンを選びましたが、
 どれもこれも、レセプトは従来のままの紙上点検で、月800件もあると、
 一週間事務の一人が、かかりっきりでした。返戻も多く、途中からニチイさんから
 時給1600円x80時間の応援を得ていましたが、10年近く経ても、同じ状況で
 その間の返戻やコメントを入れるドクターのストレスも大変なものでした。
 そこで、ダメ元と思い、年末に一人しこしことダイナミクスを導入し、遊んでいたら、
 何とかなりそうな感じを受けたので、吉原先生に文句を言われながら、何とか1月で
 運用開始ができました。
 この電子カルテの強みは、CCI(久能先生制作)というレセプトチェッカーを使うと、
 点検のコンピューターチェックが40秒(コンピューターの性能にもよりますが)、
 薬剤、処置の病名は当然ですが、市販の点検ソフトではできない、コメントまで
 点検できますので、返戻はほぼありません。
 40秒で、コンピューターが、点検事項を表示したら、コーヒーを飲みながら、
 クリック作業で、抜けている部分をつぶしていき、小一時間で終わります。
 以前の一週間のストレスを100とすると、5以下になりました。
 医師にとって、レセプトほどばかばかしい時間はないので、大助かりです。
 事務の残業も、以前は60時間ほどあったのが、今はゼロです。
 問題は、カルテのバージョンアップが頻繁で、コンピューターに強い職員が、
 少なくとも一人必要です。または面倒を見てくれるベンダー(業者)がいることです。
 大手電子カルテ屋さんに、5年毎に7〜800万の入れ替え費用+ストレスのレセプト
 を行うことを考えれば、夢のような毎日です。

2.RS_Base(統合ファイリングソフト)
 こちらも医師が開発した、各種電子カルテとの連携可能なソフトです。
 DICOM画像、JPG画像、検査データ、処方、カルテの所見、紹介状作成など
 電子カルテ以上の汎用性があります。
 株式会社Medical-Inが連絡先です。
3.レセプトチェッカーFUGAバージョン(RCF)
 各種電子カルテ(日医ORCAを含め)との連携可能なレセプト点検ソフトです。
4.望通信株式会社(*開業支援)
 電子カルテ(Dynamics)、RS_Base、レセプトチェッカーの導入
 院内ネットワーク(電子カルテやRS_BaseへのCT、US、XPの画像の取り込み等)
 ビジネスホン、ドアホン、オートロックの導入
 自動通話録音(患者応対品質向上や受付業務の軽減に有効です)など
 当院の情報設備のメンテナンスを行っています。
 連絡先026-214-5633(澁澤)
*開業支援に関して:開業には三要素(融資、建築、税務・労務)が必要です。
 世間では、「開業支援会社」と称し、問屋(機械系、薬剤系があります)または、
 その出身者が、「高い中間マージン」を取って行っていますが、
 あまりメリットはありません。いわゆる『口利き業』です。
 当院では、建築の設計・入札・選定のアドバイス、会計士・社会保険労務士の紹介、
 銀行融資のアドバイス(金利など)、医薬品・検査機器の購入のアドバイスなどを
 無料で行っています(時々お礼のお菓子などはいただきますがー笑)。
 当院のメリットは、最新の購入価格を自院の経営に生かせることです。
 あまり、頻繁にはお手伝いできませんが、お手伝いした医療機関は、経営的には
 安定していますので、少しは役に立ったのかなと思っています。(リンク参照)
 窓口は、この望み通信ですので、宜しかったらどうぞ。



■患者様の病状にあった医師への紹介■


年間の紹介状は700以上に上り、病診連携を進めています。



■NEWS■


南長野クリニックをご利用される患者様へのご連絡や最新医学情報などをお知らせいたします
 ■病状に合わせた対処や治療の方法
 ■診察休日のお知らせ
 ■老人医療制度のご案内や高額医療費制度のお知らせ
 ■インフルエンザ等の疾病発生情報のお知らせ

■2016年9月7日
・働き盛りの人を診療できない!?
■2016年9月6日
・便器の交換・床の補修
■2016年6月23日
・犬の感染性胃腸炎?
■2016年6月22日
・母乳が出ない悩み
■2016年4月29日
・腎移植13人目(すい臓同時移植)
■2016年4月13日
・狂犬病ワクチン
■2015年12月5日
・雑感1
■2015年5月2日
・大腸CTの人気上々!
■2015年5月1日
・統合失調症と精神科
■2015年3月11日
・震災特集を見て(女川町の歩み)
■2015年2月2日
・国民健康保険⇒国人の加入可能な理由
■2015年1月28日
・外国人の診療はできません(困難です)
■2015年1月23日
・臨床工学技士募集開始しました
■2015年1月15日
・新年度看護師募集します
■2015年1月2日
・あけまして、おめでとうございます
■2014年12月30日
・つれづれ草
■2014年12月30日
難病指定疾患が増えます
■2014年12月24日
・透析コンソール4台入れ替えました
■2014年12月10日
・総選挙に思うこと
■2014年11月19日
・臨床工学技士の募集のお知らせ
年末年始の休診のお知らせ
■2014年11月17日
桜観光タクシーはお断り
■2014年11月7日
現在、臨床工学技士の募集は出していません。
■2014年8月1日
インディバの紹介樹状細胞ワクチンのページを追加しました。
■2014年5月31日
医療タイムスから取材を受け、「ねふろんVol49」に載ってしまいました
■2014年4月11日
日機装透析コンソールに、全台BV計及び自動KT/V計算機能導入
■2014年3月25日
皮膚組織灌流圧(SPP)検査「PAD4000」(カネカ)導入
■2014年3月4日
めちゃくちゃ効果のあるインディバ治療(膠原病、レイノー病)
■2014年1月16日
寒い! インフルエンザ発生  東進ゼミナールの林 修先生の公演
■2014年1月15日
温熱療法インディバの効果 ジョグ治療院にて体験
■2014年1月14日
温熱療法、樹状細胞について
■2014年1月13日
臨床工学技士の追加募集と医療事務採用条件変更のお知らせ
■2013年8月24日
透析コンソールの変更
■2013年5月24日
休診のお知らせ
■2013年4月29日
ドックについて(本当に必要な検査とは?)
■2013年4月1日
職員募集のお知らせ
■2012年11月26日
年末年始の休診のお知らせ
■2012年11月21日
特殊治療のページを追加しました。
■2012年11月20日
ホームページリニューアル
■2012年9月20日
エンドトキシンの色々
食事の悩み(水分とP)
■2012年9月19日
腎炎とその治し方
■2012年9月13日
開院14周年
日本HDF研究会で、オンラインHDFが絶賛されました
■2012年8月30日
職員募集のお知らせ→採用案内をご確認ください
 休診日の変更等について
10月から第2及び第4土曜日が外来日になります。第1、第3、第5土曜日は休診です。
■2012年7月18日
暑い季節になりました。メディアでも頻繁に熱中症症状で搬送、の話題が取り上げられています。水分、塩分補給は小まめに行いましょう。
今年も熱中症にご注意ください。→☆熱中症の症状と対応☆
■2011年9月21日
秋の足音
■2011年3月4日
 徐々に暖かくなってきました。
■2010年6月17日
透析の様子の動画を追加しました。
■2009年8月5日
診療日および診療時間の変更
■2009年8月1日
HDFの目標と行動
■2009年7月30日
地方分権と病診連携
■2009年7月24日
夏季休診について
■2009年7月23日<
看護師等募集について
■2009年4月30日
ゴールデンウィーク中の休診のお知らせ
■2008年11月24日
健康管理に気をつけましょう。
■2008年10月2日
※血液浄化療法
1.膠原病・リウマチや神経疾患の治療(血液吸着およびリンパ球除去療法)
■2008年8月1日
熱中症にご注意ください→☆熱中症の症状と対応☆
熱中症では、適切な対応が効果を表す一方で、対応の遅れは生命の危機に陥ることにもなります。室内で、11月に発症した例もあります。
アメリカでは、夏季に例年約200人が熱射病で死亡しています。
■2008年7月1日
玄関自動ドア変更、レントゲン室拡張、透析空調改造などのリフォームを行いました。
北野建設設計・施行したので、今回もリフォームをお願いしましたが、 竹内工事長が担当してくれました。非常に親切な方で、とても満足のいく工事になりました。一般的には、北野建設は高いイメージがありますが、 そんなことはなく、工事も早いし、きれいで、後のメンテナンスや改造を考えれば、お勧めできる会社です。ちなみに自宅は北信土建でしたが、 こちらの小林さんもお勧めですが、業務用ではやはり北野建設です。
■2008年5月27日
1.外来時間の変更。検査日・手術日について。
2.年金と後期高齢者医療制度について
3.医療費抑制と道路特定財源(国会議員陳情をしての感想)
■2008年3月19日
◇外来診察および、診察時間のお知らせ
■2008年2月3日
透析コンソール(透析機械)が、新型に切り替わりました。
大幅に回収時間(透析終了時の返血時間)の短縮が可能になります。
透析ベットのマットレスが変更になります。長時間の透析による腰痛や疲労から開放される?かもしれません。
■2008年1月17日
糖尿病の治療薬(新しいインシュリン)が発売。今月末キリンから、新しいビタミンDが発売。
■2008年1月15日
インフルエンザ流行について
■2008年1月1日
◇2月3日JMS社製自動回収コンソール(透析機械)が追加導入になり、全コンソールが新型に入れ替わります。
■2007年12月27日
◇年末年始の休診のお知らせ
■2007年12月5日
◇心臓について(第2弾)
■2007年11月30日
◇インフルエンザワクチン予約終了のお知らせ
■2007年11月24日
食物として摂取した栄養素のほとんどは、代謝されて腎臓より排泄されます。血液透析は腎臓の働きを100%代行できないため、毎日の食事管理が必要不可欠です。それぞれ、管理方法は異なると思いますので、自分に合った管理方法を見出してください。今回は外食について少し触れたいと思います。
■2007年11月2日
◇診療時間・受付時間変更のお知らせ
■2007年10月31日
◇インフルエンザワクチンについてお知らせ
■2007年10月13日
◇第55回長野県透析研究会学術集会の報告
■2007年9月5日
◇心臓について(第1弾)
■2007年08月17日
適度な運動は体力を維持・向上させ、快適な日常生活をおくる上でとても大切です。安静にばかりしていると、筋肉、内臓までも衰え確実に体力が低下します。さまざまな障害や怪我を予防するうえでも、日々の無理のない運動は、欠かさず取り入れていきましょう。
by中澤
■2007年8月2日
◇視力障害に伴う特別障害者手当てについて
■2007年7月12日
◇検査値の読み方
◇エンドトキシンとは?
■2007年7月10日
◇ビタミンについて
■2007年7月10日☆ADEとは?
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
■2007年7月3日
長野地方の天気について
■2007年4月2日
◇老人医療制度のご案内 医療費の負担額は?
老人医療制度は、高齢者が安心して医療を受けていただけるよう、自己負担を軽くして、国民みんなでささえあっている制度です
■2008年10月2日
◇高額医療費制度について
長野市では高額医療費の対象になった方には通知でお知らせします。  
どのような方が対象になるのでしょうか。また高額医療費の計算のしかたなど。
■2007年4月1日
日本では、糖尿病のヒトは740万人もいるとされていますが、その半数近くの人が検査を受けていないため、全く治療されていない状態にあります。

■2015年5月2日
・大腸CTの人気上々!
■2016年4月29日
・腎移植13人目(すい臓同時移植)

総合案内


透析


内科


温熱療法


先進医療


リンク


TEL:026-291-0170
FAX:026-291-0171
e-mail: minami_cl@yahoo.co.jp