インディバ(INDIBA)の紹介

■インディバ(INDIBA)の概要■


インディバ(INDIBA)とは、電気メスの発明者であるスペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏(インディバ社)により開発された、電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」の総称です。
電磁波エネルギーを利用することで、人体の各組織にジュール熱を発生させます。インディバの特長は、身体の深部まで容量の多いエネルギーを透過し、各組織に安全レベルのジュール熱を容易に発生させることができる点です。
その機能の特徴である「容量性電移法・抵抗性電移法」は、世界の美容・医療分野で広く認知されています。



■医学的に期待される効果■


インディバ(INDIBA)による温熱療法で以下の医学的効果が期待されます。
ASO(閉塞性動脈硬化症)など、糖尿病や膠原病で末梢循環が悪化して、しもやけなどになっている方は、非常に改善します
体力低下、食欲低下、気力減退の高齢の患者さんは元気になります
更年期にもばっちり効きます。ホルモン異常や、代謝低下にもよさそう



■インディバの仕組み■


インディバ施術で発生する「ジュール熱」とは、細胞の分子の移動によって生じる「摩擦熱」とも呼ばれる熱で、細胞組織の抵抗によっても熱の発生が異なります。 その熱は高周波の電磁エネルギーの作用によって生じますが、人体には安全な電磁波として証明されています。 インディバが使用している周波数はたった0.44メガヘルツ(1秒間に44万の波)の高周波を使用しています。 人間の背丈よりも長い波です。よって手術などにより体内に金属プレートやボルトがあっても、それらに熱が生じません。 「ジュール熱」は生きた細胞にしか発生しないのが特徴です。



■深部加温による体の温まり方■


サーモグラフィーでの温度変化
【下半身前面】
左から(施術前→施術直後→1時間後→2時間後→3時間後)

【上半身前面】
左から(施術前→施術直後→1時間後→2時間後→3時間後)


体外熱源(温泉・サウナ等)と体内熱源(インディバによる深部加温)の違いは、温まりの継続時間です。 2時間後、3時間後まで熱の広がりが確認でき、その間、代謝時間が長いことが確認できます。 上半身のサーモグラフィーからも確認できるように、施術部位以外にも熱の広がりが期待できるのがRES(深部加温)の特徴です。



■SPP(皮膚潅流圧検査)による治療効果判定の例■


インディバ治療開始前(左)と治療後(右)の検査データ。
88歳女性の患者さんですが、昨年左下肢切断し、その後下肢動脈の血管拡張術を
受けましたが、今年(平成26年)の11月頃からチアノーゼ(皮膚の循環不全による凍瘡)が
再度みられるようになったため、インディバ加療を開始しました。

この患者さん以外にも、膠原病・リウマチ、透析、糖尿病などによる
下肢動脈硬化(ASO)の治療において、効果が出ています。
信州大学付属病院閉塞性動脈硬化症先端治療学講座 
胸痛センター副センター長 宮下 裕介准教授にも高評価をいただいています。
*皮膚灌流圧(SPP)とは、皮膚微小循環の血流を指標とした灌流圧のことであり、
皮膚レベルの血流評価として使用されています。
(株)カネカメディックスの販売するPAD4000(商品名)を使用して測定します

下肢動脈硬化(ASO)の治療には、同じカネカから提供されるLDL吸着療法という治療が
あります。高脂血症や、ネフローゼ(腎炎)などにも治療として行いますが、
下肢動脈の血流改善効果は、インディバの方が高いと思われます。
当院でも、LDL吸着を行っておりますが、同じ患者さんで、
両方の治療(LDL吸着、インディバ)を行ったばあい、そのような傾向が見られます。
下肢動脈硬化の治療の組み合わせとしては、
経皮的末梢血管インターベンション( Percutaneous Peripheral Intervention : PPI)+
インディバ>>>>経皮的末梢血管インターベンション( Percutaneous Peripheral Intervention : PPI)+LDL吸着療法と思うようになりました。



■MD570 RF誘電加温型/クリニック専用機器■



電気メスの開発者ホセ・カルベット博士によって開発されたRF温熱機器とその特許機能「容量性電移法及び抵抗性電移法CRet System」は、 21世紀の新療法と期待させるRF温熱療法をリードし、世界の医療・美容分野で認知された信頼性の高い総合美容機器です。 特殊RFレベルを使用し、電磁波エネルギーの体内透過によって深部加温(ジュール熱)を達成したRF誘電加温型の温熱機器です。
南長野クリニックのMD570はクリニック専用MDシリーズの最上位機種です。体内深部にまで加温します。



■施術内容■


インディバ施術の内容
※基本的に女性スタッフが対応いたします。
※医師の診察後、施術いたします。
※患部の付近の金属類、携帯電話等は取り外してください。
具体的な施術方法をスライドショーでご覧いただけます。下の画像をクリックしてください。(スライドショーは背中側の施術です。)

スライドショーはこちらからスライドショーはこちらから


■料金■


治療範囲によりますが、
おおよそ、10分で1000円+消費税を目安にしてください。
下肢の動脈硬化(ASO)などでは、片足10分、両足で20分程度、週2~3日の治療を
行っています。



総合案内


透析


内科


温熱療法


先進医療


リンク


TEL:026-291-0170
FAX:026-291-0171
e-mail: minami_cl@yahoo.co.jp