専門分野および診療スタイル

■内科(腎臓・人工透析・膠原病)と新型コロナウイルスに対応中

■当院は、完全予約制です。
 電話は混雑しており、メール(minami_cl@yahoo.co.jp)でのみ
 受け付けております。
■不織布マスクの装着をお願いします。
5月の連休明けに感染者が増加しています。
 検査対象者を必要な方に限定します。

 新型コロナウイルス参照
■mRNA・DNAワクチン(ファイサ゛ー社など)の接種は、
 行う予定はありません。保健所に問い合わせてください。
2021年5月8日更新     院長


南長野クリニックは、平成11(1999)年9月13日に開設した
内科(腎臓・膠原病)と透析(オンラインHDF、腎移植の二本柱)を主体にしたクリニックです。

診療の理念は、「自分で受けたい治療の提供」。
至ってシンプルです。
また、「常識的であり、お互い様という気持ちがある方」に受診いただくことを、
お願いしています。

透析では、オンラインHDF(透析+濾過)という平成24年4月から保険適応になった先進的な透析を、1999年(平成11年)9月の開院以来、無料提供してきました。
透析していることを感じない体調の提供と、長寿を実現しています。
社会復帰し労働することが可能の為、夜間透析(仕事をしている)のベットは満床です。
その秘密は、当ホームページの『透析』の項目内の『当院のHDF』に書いてありますが、
血圧の管理や副甲状腺の治療を含め、当院の『ぶれない治療』を見てください。
また、腎臓移植が多いのも特徴です
長野赤十字病院で、移植治療を担当していた経験から、
腎移植>オンラインHDF>>腹膜透析(最初の数年のみ)>通常の血液透析との確信の元
開院以来、献腎・生体腎移植を合わせ、16名の移植を行いました(2020年年12月現在)
(生体間12例、献腎4例:膵腎同時を含む)
(移植医療機関は、長野赤十字病院、信州大学、東京女子医大泌尿器科、
佐久総合病院、藤田医科大学)。

検査機器(デジタルレントゲン、高性能超音波、心電図、脈圧波、呼吸機能、神経伝達速度、血液ガス、血算、CRP、生化学など)多種類用意していますが、内視鏡とCT・MRIなどの大型機器はありませんので、提携病院へ紹介しています。
CT、MRIなどは高性能のものほど情報が多く、たとえばMDCT(冠動脈CT)などは
相沢病院の320列や篠ノ井厚生連の256列のCTで撮影を依頼することが多く、
MRIでは3.0テスラの最高クラスの機器をもつ病院などへの依頼が多くなります。



■診察時間■


午前 9時〜11時 9時〜11時 手術日 9時〜11時 9時〜11時 9時〜11時
(第2・4のみ)
午後 15時〜17時 手術日 15時〜17時

■感染症対策■


透析施設の為、オゾン発生+紫外線ハイブリッド空気清浄器10台の導入、酸化チタン等の噴霧などで、ウイルス対策をしています。
また、スタッフは、定期的な新型コロナウイルスのPCR検査を行っています。



■電子カルテ化と画像検査および血液検査のデジタル保存■


カルテの電子化をはじめ、院内すべての検査機器(レントゲン、超音波、血液検査など)は、コンピュータ化されています。 すべての結果が、永久的に保存され、過去、現在、未来にわたる治療の経過を見ることが可能になりました。
1.Dynamics(電子カルテ)
 医師が開発した、低コストでの導入が可能な使いがっての良いソフトです。
 これが、優れものです。
  いままで、IBM(日版)のレセコンを2度(MS−DOS⇒Windows95の為)
 次いで、日医標準レセコンORCA(3台目)に入れ替えました。
 開院当時は電子カルテの創生期でしたので、レセコンを選びましたが、
 紙上点検でのレセプト作業は、月800件もあると、返戻も多かったです。
 ニチイさんに、時給1600円x80時間分の応援を依頼しましたが、
 10年近く経ても、同じような状況のため、ダイナミクスの電子カルテを導入しました。
 この電子カルテの強みは、CCI(久能先生制作)というレセプトチェッカーを使うと、
 点検のコンピューターチェックが40秒(コンピューターの性能にもよりますが)、
 薬剤、処置の病名は当然ですが、市販の点検ソフトではできない、コメントまで
 点検できますので、返戻はほぼありません。
 40秒で、コンピューターが、点検事項を表示したら、コーヒーを飲みながら、
 クリック作業で、抜けている部分をつぶしていき、小一時間で終わります。
 以前の一週間のストレスを100とすると、5以下になりました。
 事務の残業も、以前は毎月60時間ほどあったのが、今はゼロです。
 (残業代が減ると生活に影響するので、本給を上げました)
 ただ、、カルテのバージョンアップを、自分または、コンピューターに強い職員が、
 行うことが必要です(面倒を見てくれる下記の望通信のようなベンダーでも可)。
 大手電子カルテ屋さんに、5年毎に7〜800万の入れ替え費用+ストレスのレセプト
 を行うことを考えれば、夢のような毎日です。
2.RS_Base(統合ファイリングソフト)
 こちらも医師が開発した、各種電子カルテとの連携可能なソフトです。
 DICOM画像、JPG画像、検査データ、処方、カルテの所見、紹介状作成など
 電子カルテ以上の汎用性があります。
 株式会社Medical-Inが連絡先です。
3.レセプトチェッカーFUGAバージョン(RCF)
 各種電子カルテ(日医ORCAを含め)との連携可能なレセプト点検ソフトです。
4.望通信株式会社
 電子カルテ(Dynamics)、RS_Base、レセプトチェッカーの導入
 院内ネットワーク(電子カルテやRS_BaseへのCT、US、XPの画像の取り込み等)
 ビジネスホン、ドアホン、オートロックの導入
 自動通話録音(患者応対品質向上や受付業務の軽減に有効です)など
 医療機関の情報設備のメンテナンスを行っています。
 連絡先026-214-5633(澁澤)



■病状にあった医師への紹介■


直近(2019.12.10~2020.12.9)の紹介状は551件で、病診連携を進めています。
ほぼ半分は長野赤十字病院ですが、篠ノ井厚生連病院、佐久総合病院(腎移植)、
長野市民病院、信州医療センター(須坂)、長野中央病院、松代厚生連病院、
信州大学付属病院、信州上田医療センター、東京女子医大(腎移植)、
虎の門病院及び川崎分院、国立がんセンター、上尾中央病院(樹状細胞)、戸田中央病院、
静岡県立がんセンター、群馬大学附属病院、岐阜大学附属病院、東京大学附属病院、
帝京大学附属病院などを含め、専門領域や希望に合わせて紹介しています。



■NEWS■


南長野クリニック 院長の”つぶやき”


■2021年4月30日 その2
・歌声サロン by 更北社共(任意団体
■2021年4月30日
・スーパースプレッダー
■2021年4月23日
・PCR検査の再開と高齢者ワクチン
■2021年4月15日
・PCR検査を一時中止します
■2021年4月14日
・医療ばかりに期待するな
■2021年4月13日
・長野南郵便局の『やまんば』
■2021年4月9日
・ワクチンの優先順位
■2021年4月5日
・従順で、均一なキモイ日本人
■2021年4月2日
・長野市内中心に感染爆発
■2021年4月1日
・エイプリルフールです
■2021年3月31日
・天赦日です。何を言っても許される日です。
■2021年3月22日
・週間新潮さんごめんなさい!イベルメクチン特集だよ〜。
■2021年3月17日
文春砲!(稲田朋美議員は、ワクチンを打たないらしい。後援県議の新聞)
■2021年3月15日
COVID19ワクチンより、イベルメクチン。北信に第四波
■2021年3月6日
・それでもワクチン接種します1?
・それでもワクチン接種します2?
・それでもワクチン接種します3?
・それでもワクチン接種します4?
■2021年3月4日
・COVID19の情報
■2021年2月22日
・COVID19ワクチンの情報
■2021年2月13日
・新型コロナウイルスワクチンの問い合わせ
■2007年7月12日
◇検査値の読み方
◇エンドトキシンとは?
■2007年4月2日
◇老人医療制度のご案内 医療費の負担額は?
老人医療制度は、高齢者が安心して医療を受けていただけるよう、自己負担を軽くして、国民みんなでささえあっている制度です
■2008年10月2日
◇高額医療費制度について
長野市では高額医療費の対象になった方には通知でお知らせします。  
どのような方が対象になるのでしょうか。また高額医療費の計算のしかたなど。
■2007年4月1日
日本では、糖尿病のヒトは740万人もいるとされていますが、その半数近くの人が検査を受けていないため、全く治療されていない状態にあります。


総合案内


新型コロナウィルス 


透析


内科


温熱療法


先進医療


リンク


TEL:026-291-0170
FAX:026-291-0171


e-mail:
minami_cl@yahoo.co.jp



















<予備>
こちらは、現在使用していません。
↑の電話番号下のアドレスを
使ってください。
e-mail: minami_cl_yoyaku@yahoo.co.jp