休業補償は、従業員に直接支給く

休業補償は、従業員に直接支給

宿泊施設や飲食店の苦境が、連日テレビで大騒ぎ!
???????
国が、休業補償を企業に対して行うのは、抵抗感がある。
リーマンショックの時だったかな?都銀や日本航空に、血税が投入されたが、
企業は残り、人間は捨てられた(解雇)。
本当は、逆ではないか?
従業員に直接、給与保証をすべきで、企業は内部留保を取り崩せば、生き残るはずである。

旅館などのおかみさんや、銀座のママが、高そうな着物を着て、『大変で保証が欲しい』などと言っても、同情は感じない。贅沢三昧の顔をしている。水商売は、リスクがあるから、水商売という。

医療機関が、大変だと思うなら、Go Toに使ったり、日銀の無担保・無保証の融資を使って、
各地に、臨時病院を建設すれば良い。

そういう点では、中国は、ドラスティックな判断で、少なくとも我が国より、的確な行動をしている。
残念だが、指導層の優劣が、国力に反映されているように思えてならない。