マスクの種類による感染リスクく

マスクの種類による感染リスク

マスクの種類の感染リスクが、以前から指摘されているのに、
特にテレビに映る政治家が、布やマウスシールド、ウレタン・スポンジマスクをしており、
市中でも、7割が、上記の洗濯可能なマスクをしている。
非常に、危険な状況ではないかと思われる。

マスク効果当院の検査で、新型コロナウイルス感染者は、
1.飲食店で、安全な距離をおいていない周りに、よくしゃべる客がいた場合。
2.日頃、不織布マスクをしていない。
3.食堂で、黙食をしていない。

このどれかに、当てはまる行動があったと思われる。