当院の透析患者さんの新型コロナウイルス抗体測定結果く

当院の透析患者さんの新型コロナウイルス抗体測定結果

2021年1月8歩~9日にかけて、
佐久市のミロクメディカルラボラトリー(以下MML)の協力をいただき、
当院の透析患者さんの全員の抗体(ロッシュ社製)を測定しました。
(ヌクレオカプシドに対するIgG及びIgM抗体を測定後、イムノクロマト法によりIgGとIgMを判別)

結果は0人(/68人中)でした。
この抗体は、いわゆる『感染しましたよ!』で、先日の罹患患者においては、
カットオフ値(インデックス)もウイルス量に比例して、高値を示す傾向があり、
『無症状または隠れ感染者』を見つけるのに有効だと思います。
陽性の場合には、当然PCR検査(Ct値の表示可能な)が必要になります。

当院では、数か月間は、毎月検査の方向です(厚労省が保険適応してほしいものです)。