二度目の非常事態宣言く

二度目の非常事態宣言

二度目の非常事態宣言で、大騒ぎである。
補償をどうするかの話も出ている。

新型コロナウイルスは、ウイルス『戦争』であることを、理解しているのだろうか。
戦争中という意識があれば、『国家賠償法』に基づく対応をすればよい。

飲食店がどうの、旅行業・宿泊業がどうのと言っているが、医療機関だって、感染のリスクと、
来院患者の減少の二重苦である。他産業は二重苦ではない。

そもそもの問題は、企業が、莫大な内部留保を温存し、安易なリストラをしていること、
派遣法以来、非正規従業員が多く、彼らは貯蓄がないこと、社会保障が受けられない事である。

また、飲食業は、オーナーは派手な暮らしをして、従業員を安く使っていて、
『倒産の危機』と騒いでも、同情する気にならない。
同様に、旅行業、宿泊業も一時は、『我が世の春』であったから、貯蓄は十分のはずである。
インバウンドが多いときの、価格つり上げには、反感すら感じていた。

医療機関の本音としては、『感染者はお断りである』。
先に書いたように、二重苦であり、迷惑この上ない。風評被害も甚大である。

大学病院でも、ウイルス学や細菌学教室は縮小され、専門医は、ほとんどいない。
儲からない医療には、研究費がこないからである。

困ったときだけ、花火や、ブルーインパルスで、おだててもダメである。
他産業が、濡れ手に粟で儲けている現実を見るにつけ、医療業界は、安い医療費で、
こき使われている業界だなと、感じてしまう。
米国型の新自由主義を手本にしている自民党なら、早々に米国式医療、
つまり今の10倍程度の診療報酬か、混合治療を解禁しなければ、
このようなときに対応できる環境は期待しない方が良い。

さらに重大な問題は、基礎教育・義務教育が破壊され続けていることである。
親の経済力の差によって、平等に教育を受ける権利が、保障されていない。
そのような貧相な国に未来があるはずがない。

EU型 米国型 中国型のどれが、人類にとって有用なのか、パラダイムシフトが起きているかも
しれない。個人的には、北欧型が望ましいと思えるが。

追記 高等教育を受けていない人は、こんな文章を見ても、理解できないんだよね。
    脳も、考える力も搾取されているんだと思う。