5年ぶりのサーバー更新く

5年ぶりのサーバー更新

土日に、5年ぶりのサーバー更新。
今回もヒューレットパッカード製。Dellやレノボーではなく、日本製である。
値段は、トヨタ86が買える(泣)。
でも、コンピューターの進化は、1年で2倍ですので、5年で2の5乗=32倍。
オールSSD、CPU20個、メモリー256GBの為、速い。
二重バックアップもSSD。導入はいつも、望通信にお任せである。

さて、一般外来は休診だが、透析の患者さんの車があるので、今日も初診の若い男性が、
『PCR検査受けれませんか?』と、来院した。
多分、国会議員が急に亡くなって、不安に思ったのかもしれない。

ヨネックスのウエアーを着ていたので、学校の先生か?
事務職員が、休診日である事と、本日まで診療中の医療機関を2か所紹介した。
気になったので、その医療機関に受診の有無を確認したが、行かなかったようだ。
受診していれば、当院でPCRを行うことを伝えてもらうように依頼してあったが、
少々残念であった。

当院のPCR検査対象者は、透析医療機関の為、自院通院者に限らせてもらっているが、
基礎疾患のない若い世代が、かかりつけ医を持っていないのは、当然で、
なるべく検査をしてあげたい気持ちはある。
しかし、本日も、透析の方で、退院直後の患者さんなど、すでに4件のPCRを予定しており、
休診日で、しかも人的余裕がない当院では対応が難しいのも現実である。
当院は、人的、経営的余裕がない為、基本的に『完全予約制』で、
予約日以外は、救急外来等の受診をお願いしている。

コンビニで物を買うのと、知的産業かつ生命を扱う医療機関は同列ではないのが、
分かっていない人が多いように感じる。医療費が安すぎるのが原因である。
コンピューターも、車も10年前の1.5倍である。

長野市のPCRセンターは、長野県の技師会の協力で、30日まで行っており、
正月も返上のようだ。
この期間は、診療所は休診の為、症状がある方は、保健所に相談するしかない時期である。