新型コロナウイルスを封じ込めた北九州市く

新型コロナウイルスを封じ込めた北九州市

新型コロナウイルスであるが、インフルエンザ以上に感染力があるかもしれません。
・サージカルマスクをきちんと、鼻まで装着する。
・家庭以外では、終日マスクを装着する。
・食事中は、短時間で終わらせ、食事が終わるまで会話しない。
・生身の人間の声によるコンサートやディナーショーは、極力避ける。
・体調不良時は自宅安静をする。人に会わない・移動しない。
が基本である。

特定の業種や集団ではなく、家庭や職場に感染が広がっている現状では、感染者の年齢や性別、
感染者の関連(濃厚接触の有無)よりも、感染のシチュエーションの公表が重要と思う。
具体的には、
・マスク装着の有無
・マスクの種類
・接触時間、間隔
・接触の場所(カラオケ?コンサート?飲食?飲酒?電車?バス?)
が、感染予防上必要な情報である。

このところ、企業によっては、感染の事実の公表を避けたり、従業員のPCR検査を許可制にしたり、
感染が地下に潜りそうな気配もあるのが気になる。

新型コロナウイルス感染は、誰にもある危険で、差別すべきものではない。
一番危険なのは、医師であるから、病院に来るべきではない。
病院に来るには、PCR検査を必須にするのが、一番良い解決法かもしれない。
当院職員は、費用はクリニック負担で、2回目のPCR実施中で、今のところ全員陰性である。
健康診断の検査項目に入れるのも解決法かもしれない。
とにかく、みんなで検査を受ける体制(みんなで渡る交差点)を作るしかないと思われる。

陽性になったら、星野グループのホテルでも借り切ってくれれば、更にありがたい。
正月も透析で働いている当院職員の、最悪の事態での夢である。