ゆとり教育の実態?

ゆとり教育の実態?

日本の教育レベルは低いのかな?

当院でも、看護師の注射薬の取り違えが、昨年から二回(それぞれ別の看護師)あり、
その都度、確認方法を変えたりして対策をしているが、個人の問題もあるように思える。
昔、大学で研修医の時、受け持ち患者の「ペニシリンG」の投与を、担当看護師が急速静注し、高カリウム血症による心停止になったことを思い出した。
いくら、システム上何重にも確認するようにしても、ミスは起きるように思える。コンピューターのバグと同じである。でも、なぜかおこすタイプは同じ毛色の人間であるように思える。

ゆとり教育が原因なのかな?
文科省の最大の汚点だ。失われた30年の経済的損失より、ダメージは大きいように思える。
そもそも、学習指導要領審議会のメンバーが、大学教員ばかりなのが、悪の根源ではないか?
今どき、大学教師>高校以下の教師の序列と考えた委員の選定がナンセンスである。
なぜなら、
2019年透析医学会の榎木英介先生(赤穂市民病院 病理科)の報告では、
各分野において(医学以外の分野も含め)、、論文の盗用、でっち上げ、虚偽など、組織的に行われていると報告されていた。文学部や工学部でも報道されているでしょう?
論文の売買の疑い、地位を利用した卑劣な行為(ハラスメント)も見られるようです(私自身も、
博士論文の投稿時に、査読者の妨害を感じましたが)。
そのような大学教官が、義務教育を語れる?。
特に最近の大学は、論文数で出世でき、予算も取れるので、地道な研究者は生き残れなくなっている。胡散臭い奴が居座る状態。
小中高の学力は高いのに、国際的低評価の大学教官が、評価の高い小中高の指導要領を作るのは、全くおかしな話だと感じます。